ヴォルティススタジアム

【岐阜vs徳島】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「ここまでやってきたことがうまく表現できた」

■2017明治安田生命J2リーグ第37節
10月14日(土)岐阜 0-2 徳島(16:03KICK OFF/長良川/5,359人)
得点者:47’内田裕斗(徳島)89’岩尾憲(徳島)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「今回の試合は非常に難しい相手だなと認識していました。特に岐阜は非常にボールを持つ力があるチームで、ポゼッションもできる相手なので、非常に難しいと思っていました。ただ、試合ではここまでやってきたことがうまく表現できたのかなと思います。相手よりもチャンスの数もポゼッションもそうですし、前から行くところもしっかりハマっていてやりたいことができていたと思います。それからボールを持っているときには自分たちがどこから攻めていきたいのか、どこを使っていきたいのか、そういうところがうまくやれていたので、こういう結果につながったのかなと思います。
最終的には3点目、4点目が取れてもおかしくない内容だったとは思いますが、ただ重要なのは勝点3を積み上げていって、個人とチームのパフォーマンスを上げていくことです。今日は勝点3が取れて良かったと思います」

(残り 296文字/全文: 774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック