遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

ヴォルティススタジアム

【熊本vs徳島】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「先に失点してしまうと難しい試合になってしまう」

■2017明治安田生命J2リーグ第38節
10月22日(日)熊本 1-1 徳島(14:03KICK OFF/えがおS/7,153人)
得点者:11’嶋田慎太郎(熊本)54’馬渡和彰(徳島)
———–

○リカルド ロドリゲス監督
「全体的に支配することとチャンスの数は相手を上回ったんじゃないかと思います。ただ、守備のところで簡単なミスであったり、少ない相手のチャンスで失点を許してしまうなど、そういったことで、今回は引き分けてしまいました。

ゴールは決めるけど、守備のところで最終的に守り切れなくて失点するというのは、今季何回も起こっています。2点は取れるけど、先に失点してしまうと難しい試合になってしまいます。例えば、1失点したあとに逆転しないといけない展開、2失点してから逆転しないといけないような展開、そういった試合が今シーズンいくつか起こっています。どうしても2点、3点と毎試合取っていくのは難しいことです。ですので、そういうシチュエーションを作らないことをしていかないといけません。前半は多くのチャンスを作ることができて良かったと思います。もちろんリスクもありますけどゴールに迫ることができました。後半に関しては、ゴールは決めることができましたが、チャンスは後半の方が少なかったのかなというふうに見ています」

(残り 421文字/全文: 977文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック