『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【愛媛vs徳島】試合後の選手コメント:藤原広太朗「すごくいい雰囲気でした」渡大生「2トップで点が取れて良かった」山﨑凌吾「(インターセプトは?)狙い通りでした」+岩尾、杉本

■2017明治安田生命J2リーグ第40節
11月5日(日)愛媛 1-3 徳島(15:03KICK OFF/ニンスタ/5,203人)
得点者:19’渡大生(徳島)50’山﨑凌吾(徳島)75’杉本太郎(徳島)82’有田光希(愛媛)
———–

○藤原広太朗選手
「今日はすごくいい雰囲気でした。(ゴール裏の)愛媛サポーターよりも徳島のサポーターの方が多かったですし、一昨年やった時は愛媛もそういう注目された中でやっていたと思うので、今は僕たちの立ち位置を踏まえた中で勝ったことも大きいですし、応援してくれるサポーターがたくさん来てくれることによって選手たちのモチベーションも上がります。その中で結果にもつながってよかったです。
(順位が)上のチームにプレッシャーをかけることもそうですし、順位がまた入れ替わりましたけど、1試合で変わるので、残りの試合も順位の近い相手ですし、そのへんで勝たないといけないプレッシャーを感じるのではなくて、監督も最近『楽しむように』と言っていますが、いい意味で緊張感を持ってやっていきたいです」


○渡大生選手
「今年は長い間(山﨑選手と)ペアを組んでいるので、崩せましたし、島屋選手がすごく間、間でボールを受けてくれました。中盤はみんな信頼を置いている選手ばかりなので、主導権を握れます。僕たち(前線の選手たちが)決めないと何も始まらないので、そういう意味では2トップで点が取れて良かったです。

(残り 925文字/全文: 1530文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ