『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs大分】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「攻撃の形を積み上げてきたことが、今日のゴールにつながった」

■2017明治安田生命J2リーグ第41節
11月11日(土)徳島 1-0 大分(14:04KICK OFF/鳴門大塚/6,968人)
得点者:89’渡大生(徳島)
———–

○リカルドロドリゲス監督
今日は非常に厳しいゲームでした。相手はとてもまとまったチームで、守備は堅く守り、攻撃では鋭くカウンターを仕掛けてきます。今週はタテや背後や狙ってくる相手の攻撃に対して準備をし、今日のゲームではある程度抑えることができました。またクロスにも飛び込んで来るので、その点も注意し抑えることができました。相手の守備は、我々の攻撃に対して引いて守っていました。そのような相手を崩し切るのはとても難しいのですが、最後の最後で得点を決めることができました。今シーズンは決め切れずに引き分けで終わるゲームが多くありましたが、ここまで良い攻撃の形を積み上げてきたことが、今日のゴールにつながったのだと思っています。

(残り 514文字/全文: 911文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ