【サッカー人気5位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs岡山】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「結論は非常に簡単です。前半が非常に悪く、後半は良かったということ」

■2018明治安田生命J2リーグ第1節
2月25日(日)徳島 0-1 岡山(14:00KICK OFF/鳴門大塚/8,753人)
得点者:27’塚川孝輝(岡山)
———–

○リカルドロドリゲス監督
今日のゲームについて、結論は非常に簡単です。前半が非常に悪く、後半は良かったということです。前半は立ち上がりから相手にチャンスを作られてしまいました。特に相手のロングボールに対しては、競り合った後のセカンドボールを狙われていました。それからセットプレー、5回のうちの1本を決められてしまい、精神的にも相手を優位にしてしまいました。
その後は相手に引かれてしまいましたが、後半に入ってからはボールを握り、攻撃を強めてチャンスを作っていた点は良かったと思います。ただ、同点に追いつくことはできず時間が過ぎ、0-1で敗れてしまいました。

(残り 376文字/全文: 738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ