サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【無料掲載】大宮vs徳島:リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「徳島ヴォルティスのスタイルを取り戻すことできた」

■2018明治安田生命J2リーグ第3節
3月10日(土)大宮 0-1 徳島(16:00KICK OFF/NACK/6,989人)
得点者:52’内田裕斗(徳島)
———–
○リカルドロドリゲス監督
「試合を通していい試合ができたと思います。前から激しくプレッシャーを掛けていくこともできていましたし、試合を支配することもできました。ただ後半2-0にするチャンスもあったので、決め切らないと最後の10分間の時間帯のような何度もバーに当たったような展開になってしまいます。大宮がサポーターの後押しを受けて、最後追い上げて来ようとしたところをそこをうまくしのぐことができました。ただ全体的にはいい試合ができましたので、これを続けていきたいと思います」

Q:これまでの2試合課題の多い試合でしたが、今日の試合との違いは何でしょうか?
「徳島ヴォルティスのスタイルを取り戻すことできたことです。前から激しく行ってボールを握ってポゼッションプレーをする、我々のやりたかったことができたことが収穫です。ただこのプレーを相手がどこであれやっていくことが重要になります」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題