【サッカー人気5位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs千葉】試合後の選手コメント:呉屋大翔「正直ほっとした気持ちもあります」杉本太郎「気持ちを引き締め直して連戦に臨みたい」+島屋、シシーニョ、内田、山﨑

■2018明治安田生命J2リーグ第4節
3月17日(土)徳島4-1千葉(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,074人)
得点者:16′ 呉屋大翔(徳島)30′ 指宿洋史(千葉)45′ 杉本太郎(徳島)74′ シシーニョ(徳島)89′ 島屋八徳(徳島)
———–

○呉屋大翔選手
結果的にPKとなりましたが、自分的には流れの中からの得点だと思っています。それくらい良い攻撃ができていたと思います。PKは絶対に自分が蹴ろうと思い、ボールを離しませんでした。
今シーズンの初得点ですが、早く取りたいと思っていたので、正直ほっとした気持ちもあります。試合を重ねながら周りとのコンビネーションも深まっていますし、PKの後も得点チャンスがありました。このまま勢いに乗って得点し、チームの勝利に貢献したいです。


○杉本太郎選手
開幕から連敗し、自分としてもとても不本意なプレーだったと思っています。その後チーム全員が気持ちを整理したことで、ようやく結果も伴ってきました。今日の試合、自分的にはチームの勝利に貢献できるゴールを挙げられたことは良かったと思います。得点場面は、ボールを受けた瞬間から切り込んでのシュートをイメージしていました。ただし、相手が一人少ない中でのゲームでしたし、あまり評価の対象にすべきではないとも思っていますので、気持ちを引き締め直して連戦に臨みたいと思います。

(残り 1018文字/全文: 1600文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ