『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

ヴォルティススタジアム

【栃木vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「2点目を決め切ることができなかったことが大きな代償となった」

■2018明治安田生命J2リーグ第8節
4月8日(日)栃木 1-1 徳島(14:03KICK OFF/栃木グ/4,087人)
得点者:33′ 井筒陸也(徳島)87′ 西谷和希(栃木)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「今日の試合は、全体的にはうまくコントロールできた内容だったと思います。ただ最後のピンチでやられてしまいました。相手にとってはやっていることに対して見返りが大きく、我々にとっては勝ちにふさわしいプレーをしていましたが、勝点3を取ることができず悔しいところです。ただ(後半の)前川選手の決定的な場面など2-0にできたところでできないと、最後のところで失点しまうようなことはよくあることです。2点目を決め切ることができなかったことが大きな代償となったと思います」

Q:奪われた後の守備も非常に早かったが、最後の10分足が止まったようにも見えました。その点について監督はどう見ていましたか?
「最後の10分について思うことは、もし山﨑選手が90分間出られる状態であったならば、前線のターゲットとして(ボールをキープしてくれて)、ボールを失うことも少なかったのかなと思いますし、勝利につなげることができたかもしれません。収めることができなくて栃木の攻撃の回数も増えてしまったと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック