ヴォルティススタジアム

【徳島vs京都】試合後の選手コメント:杉本竜士「決定機の数や、圧力をかけて2点目を奪えなかったことが課題」大﨑玲央「(システム変更は)石井選手や井筒選手と話しながらポジショニングには注意を払いました」+大本祐槻、井筒陸也

■2018明治安田生命J2リーグ第14節
5月12日(土)徳島 1-0 京都(16:04KICK OFF/鳴門大塚/4,713人)
得点者:27’小西雄大(徳島)
———–

○杉本竜士選手
チームとして勝ち切れたのは大きいことです。ただし、長いリーグ戦の中で1/42であることに変わりはないですし、今日の勝利や反省点を次に活かしていけるよう準備するだけです。ゲーム中のシステム変更で、サイドから前線へ入りました。よりゴールに近い位置でプレーしましたが、シュートが打てなかったり前へ向いて打開できなかったところ、CBが怖いと思うようなプレーが少なかったのは反省点だと思っています。

(残り 976文字/全文: 1264文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ