【サッカー人気1位】村井チェアマンの決断を心から支持する理…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「ベストな方法で守って逆に攻めることができるように」梶川裕嗣「もっとチームを助けることができるプレーをしたい」小西雄大「京都戦みたいな形で勝利出来るのが一番」ーJ2第15節金沢戦に向けた監督・選手コメントー

5月20日(日)は、徳島ヴォルティス vs ツエーゲン金沢(AWAY)です。

本日は、リカルドロドリゲス監督、梶川裕嗣選手、小西雄大選手のコメントをお届けしています。


○小西雄大選手
「ホームで初ゴールを決められたということは嬉しかったです。これまでお世話になった多くの方から色んなメッセージをいただきました。これをステップアップにして、どんどんレベルアップしてこれからも頑張ろうって思えました。
今週のトレーニングでは、守備のところではスライドをしっかりするところであったり、相手のプレッシングに対してどう対応するか。また、ずっと課題である引いた相手をどう崩すかというところなどしっかりフォーカスして良い準備が出来たと思います。
個人的にも京都戦みたいな形で勝利出来るのが一番です。4連勝出来るようにということが一番にあるので、そこに貢献出来るように頑張ります。明日も応援よろしくお願いします」

(残り 962文字/全文: 1353文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック