【サッカーパック人気5位】 残留争い直接対決を3ゴールで制す。残留圏の20位鹿児島と勝点2差に。【…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs松本】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「我々が勝点3を取ってもおかしくないような内容だった」

■2018明治安田生命J2リーグ 第16節
5月26日(土)徳島 1-1 松本(16:03KICK OFF/鳴門大塚/5,312人)
得点者:36′ 前田大然(松本)79′ 島屋八徳(徳島)
————–

○リカルドロドリゲス監督
立ち上がりからしっかりとゲームに入ったと思いますが、先制点を取られてしまいました。松本のここまでのゲームを見てみると、あのような形で前田選手がゴールに迫るシーンやゴールを奪うシーンがあったので、ゲーム前から警戒を促していたのですが、同じようなことになってしまいました。攻撃に関しては幾つかの足りない部分があり、唯一のチャンスはシシーニョ選手がシュートをポストに当てた場面です。
後半に入って流れはだいぶ変わりました。積極的に攻めてPKを獲得し、そのPKではゴールできませんでしたが、勢いを最後まで維持して同点に追いつくことができました。
今回1対1という結果に終わりましたが、松本というとても強い相手に対して同点に追いつけたことはポジティブに捉えたいです。昨シーズンの対戦では2連敗して、勝てると思えるようなチーム、また内容ではありませんでした。しかし今日に関して言えば、我々が勝点3を取ってもおかしくないような内容だったと思います。

(残り 1089文字/全文: 1617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック