ヴォルティススタジアム

【徳島vs松本】試合後の選手コメント:島屋八徳「思い切ってシュートを打ちました」岩尾憲「僕がPKを決めていれば勝てた試合だった」杉本竜士「結果を出せずに悔しい気持ち」+前川、大本、石井、内田

■2018明治安田生命J2リーグ 第16節
5月26日(土)徳島 1-1 松本(16:03KICK OFF/鳴門大塚/5,312人)
得点者:36′ 前田大然(松本)79′ 島屋八徳(徳島)
————–
○島屋八徳選手
トレーニングしてきた形(ショートコーナーからのシュート)で上手く得点できました。終盤に近付き1点を追いかける立場だったので、思い切ってシュートを打ちました。シュートコースも狙い通りでした。
引いて守る相手に対してなかなか崩しきれませんでしたが、後半はシステムを変更しながらサイドで優位に立って、何度かの決定機を作ることができました。


○岩尾憲選手
戦術的なところは、監督の提示したことを全員でやろうとしていました。結果についてはご覧いただいた通りで、僕がPKを決めていれば勝てた試合だったということです。

○杉本竜士選手
今日のスタート時はシャドーのポジションに入りました。得点に絡む働きを求められていましたが、結果を出せずに悔しい気持ちです。まだまだ長いリーグ戦ですし、今日の反省を含めて次に向けできるだけの準備をしていくのみです。

(残り 595文字/全文: 1065文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ