ヴォルティススタジアム

【直前レポート】“切望する勝利”と“伏線の回収”。

前節・町田戦(1●2)のあと、最も悔しそうにしていた男がいる。それは、山口との古巣戦を控える島屋八徳。あんな表情は見たことがなかった。飄々と掴み所のない所が魅力的な島屋だが、町田戦後は言葉を発すれば同時に涙もこぼれてきそうな状態だった。

(残り 2143文字/全文: 2261文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ