今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山口】試合後の選手コメント:石井秀典「後ろに人数がかかってしまいました」島屋八徳「勝てなかったことが悔しいです」+シシーニョ、内田、前川

■2018明治安田生命J2リーグ 第19節
6月16日(土)徳島vs山口(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,828人)
得点者:19’石井秀典(徳島)41’小野瀬康介(山口)64’小野瀬康介(山口)
————–

○石井秀典選手
今日はうちのボランチが相手のシャドーに付いて下げられたことで、後ろに人数がかかってしまいました。そのため中央にスペースができて、相手がやりたいことをやられてしまった感じです。そこは監督のコンセプトを踏まえながら、チーム内で整理しておかなければいけません。
得点場面はCKからの流れですが、ニアサイドの選手がつぶれてくれたので、あとはしっかりと合わせるだけでした。

(残り 1098文字/全文: 1398文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック