【サッカー人気2位】【西部謙司の大予言】「時間」を操れるチ…

ヴォルティススタジアム

【山形vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「(ブエノ選手は)ゴール前で、迫力を持って入っていくことができる、そういうことを少し前に見つけたので(FWで)起用しました」

■2018明治安田生命J2リーグ第20節
6月23日(土)山形 3-2 徳島(18:03KICK OFF/NDスタ/6,012人)
得点者:8′ 小林成豪(山形)25′ 南秀仁(山形)42′ 島屋八徳(徳島)47′ 山﨑凌吾(徳島)72′ 阪野豊史(山形)
———–
○リカルドロドリゲス監督
「今日の総括としては、ディフェンスがやはり課題になってしまったのかなと、そういう印象があります。ミスが多かったのかなと思います。0−2にされてから、引き分けに持ち込むまではチームが良いリアクションを見せてくれたのかなと思います。48分までに追いついて、そこからまた逆転するチャンスを得たことはポジティブなところだと思いますが、そこから均衡して、うちと山形とお互いにチャンスを作る形になり、山形がそのチャンスをものにして勝ったという形かなと思います。今日に関して言うと、攻撃は悪くなかった。ただ守備のところであまりにも簡単に点が入ってしまった。それが問題点だと思います」

(残り 485文字/全文: 910文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック