【サッカー人気2位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

ヴォルティススタジアム

【山形vs徳島】試合後の選手コメント:大﨑玲央「ヴォルティスでの選手として一年半プレーできたこと本当に良かった」ブエノ「得点に絡めなかったことが残念です」+広瀬、山﨑、狩野、島屋

■2018明治安田生命J2リーグ第20節
6月23日(土)山形 3-2 徳島(18:03KICK OFF/NDスタ/6,012人)
得点者:8′ 小林成豪(山形)25′ 南秀仁(山形)42′ 島屋八徳(徳島)47′ 山﨑凌吾(徳島)72′ 阪野豊史(山形)
———–
○大﨑玲央選手
「勝利を届けられなくて申し訳ないです。プロキャリアの中でヴォルティスでの選手として一年半プレーできたこと本当に良かったですし、ヴォルティスでプレーした選手として、恥ずかしくないように、どんどん上を目指して頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」

○ブエノ選手
「(前線に投入されましたが、手応えはいかがでしたか?)
ポジションとしてはFWの位置は慣れていないんですけど、自分なりにボールが来そうな所へポジションを取りました。得点に絡めなかったことが残念です。
(選手のキャリアとしてはありますか?)プロになってからは初めてですけど、高校生くらいの頃に経験はあります。与えられたポジションで全力でやりました。
(可能性を感じるプレーもありました)山﨑選手が落としたボールのシーンはFWなので狙っていました。次はゴールに入れられるように頑張ります。
今後も、FWでもDFでも与えられたポジションで自分のベストを尽くしたいと思っています」

(残り 1267文字/全文: 1822文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック