ヴォルティススタジアム

【徳島vs熊本】試合後の選手コメント:ブエノ「FWでの起用でしたが、自分も得点できる自信がありました」狩野健太「ライン間でボールを引き出して、相手を動かすイメージを持っていました」+井筒、大本、小西

■2018明治安田生命J2リーグ 第22節
7月7日(土)徳島 1-0 熊本(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,974人)
得点者:84’ブエノ(徳島)
————–

〇ブエノ選手
途中出場で機会をもらった時はとても嬉しかったです。FWでの起用でしたが、自分も得点できる自信がありました。実際に大本選手から良いボールが来たので、あとは押し込むだけでした。というのも、アップしている時に外から見ていて、相手はとても疲れているように映っていたからです。それで、自分が入った時にベストを尽くせば結果を出せると思いました。
クロスが来た瞬間は相手の前に入ろうと思いましたが、相手との距離が少し空いたので、駆け引きして相手を越えてくるボールを狙いました。シュート練習ではあまり決まっていませんでしたが、得点場面では落ち着いて枠を捉えることができました。
重要な選手が二人いなくなりましたが、前へ進まなければなりません。出場機会があればポジションにかかわらず、常にベストを尽くしてチームの役に立てるよう頑張るだけです。

(残り 1525文字/全文: 1979文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ