ヴォルティススタジアム

【直前レポート】アツすぎる3連勝を!


J参入から30回目という節目を迎える『四国ダービー』。直接対決の直近5試合は徳島の5戦5勝。16年以来、勝利の証である『四国ダービー・ウィナーズ・フラッグ』を保持し続けている。

リーグ戦は試行錯誤しながらも、2戦2勝の結果につなげて歩を進めてきた。山﨑凌吾の湘南移籍に伴い特にFW選択は難航しているが、まずは次の選手登録期間が開く翌節・大宮戦までは我慢。まずは、そこでピーターウタカの登録が行われることになる。それにより課題がすべて解決するわけではないかもしれないが、まずは結果を積み上げながらそこへ向かうことがベスト。そういう意味ではこの2連勝は大きく、今節・愛媛戦で3連勝できれば過去の3連勝とは異なる意味合いが出てくる。そして、夏場の選手登録が活発になる頃には、また別の選手も獲得する運びにきっとなるはずだ。後半戦で新しく爆発的な反応を生み出すためにも、いまはどんな展開であろうと勝点3を積み上げ続けなければならない。

では、今節・愛媛戦に向けて選手たちの表情を見ていきたい。また、DAZNの『J2/J3プレビューショー#21』で島屋八徳が取り上げられている。未見の方は、DAZNの特集欄にあるコンテンツからぜひ。

(残り 1951文字/全文: 2638文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ