【サッカーパック人気5位】 【第36節・愛媛戦コメント】本間至恩選手、大武峻選手、堀米悠斗選手、早…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】「6ポイントゲーム」(リカルドロドリゲス監督)。

前節・大宮戦(2○1)の直前レポートで「ピータウタカ登場、新しい化学反応を」と紹介した。どういった試合展開になるのか予想できなかったが、ふたを開けてみれば非常に興味深い試合だった。シシーニョの横パスがずれてカウンターを受けた瞬間は「ガ~ンッ」とちびまる子ちゃん級の縦線が顔に入ったが、その直後にポストが救ってくれたときは織田裕二のモノマネをする山本高広バリに「キターーーー」と叫びたくなった。

妄想失礼。さて、ウタカの存在感を最も伝えられるのは試合後の選手たちの声だろう。岩尾憲のリアルな感嘆もなかなか興味深かった。

(残り 1499文字/全文: 1756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック