ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs福岡】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「後半の立ち上がりはこのゲームにおいて重要な時間帯でした」

■2018明治安田生命J2リーグ 第25節
7月25日(水)徳島 3-1 福岡(19:03KICK OFF/鳴門大塚/3,787人)
得点者:32’ピーターウタカ(徳島)36’城後寿(福岡)47’岩尾憲(徳島)48’ピーターウタカ(徳島)
————–

○リカルド ロドリゲス監督
前半は福岡のリズムでゲームに入り、チャンスを作られる場面もありました。しかし我々も少しずつ良くなっていき、攻撃の回数を増やしていきました。
先制のあと、ビルドアップのミスからカウンターで失点し同点に追い付かれましたが、後半の立ち上がりはこのゲームにおいて重要な時間帯でした。5分間で2得点することができましたし、その後もボールを握って攻撃を続けました。攻撃もワンパターンではなく、いろいろな形を見せることができていたので、とても満足しています。

Q:ゲーム途中でWBの内田選手と大本選手を左右入れ替えた意図は?
ゲーム前から彼らには「ある程度自由にポジションは変えていい」と話をしていました。その理由は、大本選手が右サイドより左サイドで良いパフォーマンスを発揮できるということです。タイミングについては彼らの判断に委ねていました。攻撃の場面では逆足になりますが、そこにメリット作っていこうとも伝えていました。

Q:ピーターウタカ選手の加入で攻撃がフォーカスされがちだが、3CBもしっかりとした守備ができているのではないか?
今日の立ち上がりは少し不安定でしたが、そこからしっかりと立て直してくれました。前半に関しては相手に作られたというより、自分たちのミスからチャンスを献上していていました。後半に関しては、相手に与えたチャンスは覚えていないくらいの少なさで、非常に安定したプレーをしてくれました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック