タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

ヴォルティススタジアム

【徳島vs福岡】試合後の選手コメント:前川大河「ボールを持ったら最初にウタカ選手を見るということもできている」ウタカ「前節のゲームを見てメンバー同士で話し合い、修正できたことが今日の結果につながった」+石井、島屋、内田、岩尾

■2018明治安田生命J2リーグ 第25節
7月25日(水)徳島 3-1 福岡(19:03KICK OFF/鳴門大塚/3,787人)
得点者:32’ピーターウタカ(徳島)36’城後寿(福岡)47’岩尾憲(徳島)48’ピーターウタカ(徳島)
————–

○前川大河選手
ボールを持ったら最初にウタカ選手を見るということもできていると思いますし、預けて追い越していく動きも出るようになっています。自分でもいけるし周りも使える、ウタカ選手はとてもやりやすい仲間です。個人的にも今日は2得点に絡めていて良かったです。

○ピーターウタカ選手
得点できたことも嬉しいですが、それ以上に勝利できたことが嬉しいです。前節のゲームを見てメンバー同士で話し合い、修正できたことが今日の結果につながったのではないかと思います。具体的には、最後の1/3でボールを持っている時、自分がシュートを打って入る確率が高くない場面で、入る確率の高い他の選手を見つけてそこへパスを送るというチームプレーをすることです。先制点につながった前川選手からのボール、あの場面は前川選手もシュートまで行けたかもしれませんが、より確率の高い私へのパスを選択してくれました。
もうひとつ、1/3で回すボールのスピードも改善できたと思います。一人が長くボールを持つのではなく、全員がシンプルに速くパスをつなぐことを心掛けていました。

(残り 1269文字/全文: 1856文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック