ヴォルティススタジアム

【徳島vs水戸】試合後の選手コメント:バラル「まずは少しずつ慣れていくことです」島屋八徳「厳しいゲームを勝ちにつなげられたのは良かった」+シシーニョ、岩尾、井筒

■2018明治安田生命J2リーグ 第27節
8月4日(土)徳島 1-0 水戸(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,457人)
得点者:13’島屋八徳(徳島)
————–

○バラル選手
Q:まず、初出場の感想を聞かせてください。
非常に良い印象があります。あとはゴールを決めるところが足りませんでした。チャンスはありましたし、守備面のタスクは果たせていたと思います。勝っている状態をキープし、ある程度満足しています。

Q:ゲーム展開上、足元へのボールが少なかったですね。
そうですね。しかし私は競ることができるので、ロングボールを当てることも戦術のひとつです。ただ、チーム全体のパワーに関しては、今日は少し無かったかもしれません。

Q:今後に向けての抱負は?
まずは少しずつ慣れていくことです。ワンプレーワンプレーで戦い、チャンスをしっかりと決めることです。

(残り 1690文字/全文: 2066文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ