『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

ヴォルティススタジアム

【山口vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「(前半途中に)システムを変えてからやっとディフェンスがはまって内容も良くなりました」

■2018明治安田生命J2リーグ 第28節
8月12日(日)山口 2-2 徳島(19:03KICK OFF/みらスタ/7,354人)
得点者:1’岩尾憲(徳島)8’丸岡満(山口)16’オナイウ阿道(山口)90’+4島屋八徳(徳島)
————–

○リカルドロドリゲス監督
「まず立ち上がり、1点取ることができて非常に良かったです。ただその後、相手のストロングであるクロスからのシュートで2点取られてしまいました。どうしても(サイドが)数的不利だったので、試合の途中で(システムを3-5-2から4-4-2へ)変えました。(前半途中に)システムを変えてからやっとディフェンスがはまって内容も良くなりましたし後半もそのまま進めました。試合を支配することもできましたしもう少し早く同点にするチャンスもあったのかなと思います。もちろん山口にもチャンスがあって3-1にするチャンスがありましたし、我々にもバラルのボレーシュートや島屋のシュートがありました。そういうことを含めれば引き分けが妥当だったのかなと思います」

(残り 1003文字/全文: 1454文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題