Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs栃木】試合後の選手コメント:岩尾憲「攻撃面ではバリエーションを持って攻略できた」ウタカ「今日はバラル選手との関係も良かった」+バラル、表原、藤原広

■2018明治安田生命J2リーグ第32節
9月8日(土)徳島 4-1 栃木(19:03KICK OFF/鳴門大塚/3,917人)
得点者:7′ ピーターウタカ(徳島)11′ バラル(徳島)33′ バラル(徳島)66′ 端山豪(栃木)85′ ピーターウタカ(徳島)
———–
○岩尾憲選手
攻撃から守備に切り替わった時、まず危険なところをケアするような意識はありました。しかし自分の中ではCKから得点が入ったことが収穫だと思っています。今後拮抗した展開の中で、セットプレーは武器になるからです。
攻撃面ではバリエーションを持って攻略できたと思います。ターゲットとしても2トップが非常に効いていますし、そこはチームとしても明確に共有しています。彼らを活かしながら前川選手がターンしてシュートした場面、杉本選手や表原選手を上手く使った場面、今日はその辺の判断が良かったように思います。
セカンドボールに対する反応も全員が集中していました。栃木はパワープレー的な攻撃やセットプレー、ロングスローを武器としていたので、そこでセカンドボールをこちらが拾えば逆に主導権を握れるので、今日の重要なポイントだと思っていました。

(残り 1406文字/全文: 1902文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック