ヴォルティススタジアム

【徳島vs岐阜】試合後の選手コメント:表原玄太「足は攣りかけていましたが、信じてゴール前へ入っていきました」杉本竜士「GKとDFの間、相手の処理しにくいところへ入れました」+井筒、小西、バラル

■2017明治安田生命J2リーグ第33節
9月15日(土)徳島 2-1 岐阜(19:03KICK OFF/鳴門大塚/4,773人)
得点者:41’バラル(徳島)80’山岸祐也(岐阜)90+4′ 表原玄太(徳島)
———–

〇表原玄太選手
「足は攣りかけていましたが、信じてゴール前へ入っていきました。チームとしても個人としても、欲しかった結果を得られて良かったです。最後まで勝ちにこだわる今日のようなゲームを続けていければ、おのずと順位も付いてくると思います。ただやりたかったことを十分やれたゲームではありませんでした。心のどこかで連勝を意識して、堅い感じでゲームへと入ったと思います。
我慢しながら先制し、その後同点にされましたが焦れずに攻撃し、あの得点につながりました。勝ち切れているという事実は、チームが良い状態であることを証明していると思います。この雰囲気は大事にして次のゲームへつなげていきたいです。先週もヒーローインタビューをしていただきましたが、今日は(決勝点を挙げたので)自信を持ってお話しできます。(笑)」

(残り 1522文字/全文: 1981文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ