サッカーライター大忘年会→お得な前売19日18時〆

ヴォルティススタジアム

【ユース】Jユースカップに向けた監督の意気込み!倉貫一毅監督「チームの競争意識が高く、とてもいい状態だと思います」

明日10月13日(土)トップチームがアウェイで京都戦を戦う同日、徳島ヴォルティスユースは「2018 Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会」の1回戦、水戸ホーリーホック戦に臨みます。現在、徳島ヴォルティスユースはプリンスリーグ四国で12勝1分1敗という成績で首位に立っており、勢いそのままに1回戦突破を目指します!
注目選手は、来シーズントップ昇格が決まっている久米航太郎選手。トップチームの練習試合にも出場経験があり、質の高いプレーに期待がかかります!

■試合情報
【1回戦】10月13日(土)14:00キックオフ
徳島ヴォルティスユース vs 水戸ホーリーホックユース
徳島スポーツビレッジ

Jユースカップについてはこちら


○倉貫一毅監督
チームの競争意識が今は高くとてもいい状態だと思います。トレーニングでは選手たちも楽しそうにプレーしていますし、リラックスできています。対戦相手について良くわからない部分がありますが、いつも通りのプレーをするだけです。
チームのコンセプトとして、攻撃と守備を一体となってやっていくこと。ボールを動かしてゲームを支配することをやってきているので、今大会でもそういった部分を通して選手たちそれぞれが成長してくれたら嬉しいです。やはり個人の成長のところは育成の段階では絶対にはずせない部分なので、彼らが成長することが一番大事だと考えています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題