『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

ヴォルティススタジアム

【ユース】接戦を制することができず惜敗~2018 Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会vs水戸ホーリーホックユース~

10月13日(土)に2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会が開幕した。徳島ヴォルティスユースの1回戦の相手は水戸ホーリーホックユース。徳島スポーツビレッジに迎えての1回戦だった。徳島ヴォルティスユースは最終ラインからゲームを組み立て、チーム全体が攻撃と守備、一体となって戦うスタイルでプリンスリーグ四国で首位を走っている。その勢いを発揮し1回戦突破に期待がかかったが、惜しくも破れ一回戦敗退となった。

<メンバー>
GK32 後東尚輝
DF6 久次米啓吾
DF19 曽根嵩之
DF4 久米航太郎
DF16 前田智基
(→71分 MF13 高橋友希)
MF14 森田澟
(→84分 MF7 島田祥希)
MF11 山田誠人
MF26 平田駿佑
(→46分 MF20 豊福直人)
MF15 澤崎凌大
(→46分 MF8 松原蓮)
FW18 吉本勇気
(→58分 MF9 岩佐瞭希)
FW10 八木祐哉

前半立ち上がりからピッチを大きく使いゲームを支配していくと、10番八木が果敢な仕掛けからチャンスを作り出していく。しかし、なかなかチャンスを決めきれないままゲームが進むにつれて相手の激しいプレスにはまりピンチになる場面もあったが守備陣が粘りを見せ、前半を0-0で折り返す。


後半も最終ラインからビルドアップしていき、ゲームを組み立てていこうとするがミスもあり、なかなか主導権を握ることができないまま、76分ディフェンスラインの一瞬の隙をつかれ失点。さらに相手の勢いに押され88分追加点を許す展開となる。最後まで勝利を目指して得点を狙いにいくも、相手の守備を崩し切れず0-2で試合終了となった。

<倉貫一毅 監督コメント>
『序盤からかなり相手の気持ちが強かったように見受けられました。それは試合に出てる選手はもちろん、試合に出ていない選手、スタッフからも感じられました。その勢いに少し押されてしまったと思います。前半から思ったより相手にボールを持たれてしまい、マッチアップさせて主導権を握りたかったが、なかなかこっちに流れを持ってくることができませんでした。相手をどう引き出してどこにスペースを作っていくかということは練習からやっていますが、そこに技術的なところやボールが走りにくい芝だったというところで、相手の方が優位性を持ったと思います。
ここで負けているようでは、まだまだですし技術的にもメンタル面でも成長していかなければなりません』

久米航太郎

<久米航太郎 選手コメント>
『入りは悪くなかったですが、相手の勢いに押されなかなかボールを保持することができませんでした。
個人としては、後ろから繋いでいくというコンセプトの中で縦パスを入れた時に、なかなか前を向いてプレーすることができませんでした。自分たちのスタイルは変えずにいい方向に持っていけるように残りのプリンスリーグでの試合を頑張りたいです』


<久次米啓吾 選手コメント>
『全体的に相手の方が勝ちたいという気持ちが強かったと思います。最終ラインからつないでいくというスタイルの中、相手が前からプレスをかけてきて、それをはがしていけなかった点があまり良くなかったです。まだプリンスリーグも残っているので、それに向けてチーム全体でもう一度意識を高めていきたいと思います』

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック