ヴォルティススタジアム

【千葉vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「後半に入って千葉がシステムを替えてきましたが、我々は前半のようにうまく対応することができなかった」

■2018明治安田生命J2リーグ第40節
11月4日(日)千葉 2-0 徳島(14:03KICK OFF/フクアリ/7,202人)
得点者:10’増嶋竜也(千葉)86’小島秀仁(千葉)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「前半は内容的には良かったのかなと思います。ただ京都戦と同じように前半1本目のセットプレーで失点してしまいました。後半に入って千葉がシステムを替えてきましたが、我々は前半のようにうまく対応することができませんでした。ビルドアップのところでうまくつなげられなかったり、DFラインからのビルドアップのパスを奪われてしまいました。ウタカ選手が同点ゴールを決められそうな部分もありましたがチャンスはそれくらいで、後半に関しては、千葉の方が上回っていました」

(残り 371文字/全文: 705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ