再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

ヴォルティススタジアム

【鹿児島vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「今日できなかったことをしっかり洗い出して、また次の試合に向けてやっていければ」

■2019明治安田生命J2リーグ第1節
2月24日(日)鹿児島 4-3 徳島(13:03KICK OFF/白波スタ/7,483人)
得点者:51’韓勇太(鹿児島)65’中原秀人(鹿児島)78’ヨルディバイス(徳島)80’岸本武流(徳島)83’藤澤典隆(鹿児島)85’清武功暉(徳島)90’中原秀人(鹿児島)
———–

○リカルドロドリゲス監督
「前半はチャンスも作れて相手もしっかりボールを握ってコントロールできていたところもありました。相手にもチャンスはありましたが、前半の内容を見たら1点取って終わらせることができたんじゃないかと思います。
後半はミスで最初に失点してしまい、そこから立て続けに失点してしまいました。ただその後のリアクションは非常に良かったと思います。短い時間で2-2に追いつくことができて、そのあともいい流れの時間帯でした。その流れで(再び)失点しまいましたが、3-3にすることができました。3点目も取れてその流れで4-3にするチャンスもありましたが、いい流れが続かず、相手に決められてしまいました。
ポジティブなところもたくさんありましたが、今すぐに改善しなくてはいけないこともあります。その2つをしっかり見ながら、次の試合に向けていければと思っています」

(残り 1232文字/全文: 1769文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック