今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

ヴォルティススタジアム

【鹿児島vs徳島】フォトレポート:試合終盤に反撃を見せるも、開幕戦を勝利で飾れず。

■2019明治安田生命J2リーグ第1節
2月24日(日)鹿児島 4-3 徳島(13:03KICK OFF/白波スタ/7,483人)
得点者:51’韓勇太(鹿児島)65’中原秀人(鹿児島)78’ヨルディバイス(徳島)80’岸本武流(徳島)83’藤澤典隆(鹿児島)85’清武功暉(徳島)90’中原秀人(鹿児島)
———–

スタメンに新加入の5選手(永井堅梧、田向泰輝、ヨルディバイス、鈴木徳真、清武功暉)が名を連ねた徳島ヴォルティス。
アウェイで迎え撃つのは「J2での初戦でモチベーションが高いなか闘ってきます。そのモチベーションを上回っていかないといけませんし、最大限のレベルを出さないと難しい(リカルド監督)」と話す鹿児島ユナイテッド。

前半、雨と向かい風の中、両サイドに大きく開いた表原と杉本が起点にし、激しい守備でボールを奪い鹿児島を押し込む。時折鹿児島の鋭いカウンターにヒヤリとさせられる場面もあったが、終始徳島が押し込む展開。前半最大の決定機は37分、左サイドに流れていた田向のクロスに清武が詰めるがわずかに合わず。前半終了間際には右サイド田向のクロスに岩尾、狩野が続けざまにシュートを放つがゴールを奪えず、前半は0-0で終了。

試合が動いたのは後半開始早々。中盤のパスミスからボールを奪われるとDFの裏へパスを通される。GK永井が前へ出るがクリアしきれず、相手にかわされ先制されると、65分にはクロスボールから押し込まれ2点のリードを奪われてしまう。
失点直後に、鈴木徳と表原に代えて押谷と野村を同時に投入。「押谷選手が前に入って野村選手が前を向けたり、僕がその位置へ入って前を向くことができるようになった(清武)」と、攻撃の圧力を強めると、70分には3枚目のカードとして岸本武流を投入。
78分にヨルディバイスの強烈なミドルシュートで1点差に詰め寄ると、80分にはCKから狩野の精度の高いボールを岸本が頭で押し込み同点に追いつく。

その後は両チーム1点ずつ取り合う点の取り合いとなるが、後半終了間際、サイドからのクロスを詰められ、3-4。結局試合はこのまま終了しアウェイで迎えた開幕初戦を勝利で飾ることはできなかった。

試合を振り返って「誰か一人のせいではなくて今日はみんなそういったミスが多かった(バイス)」が話す通り、ミスが失点に直結してしまい、開幕初戦を飾ることはできなかったヴォルティス。
「今日できなかったことをしっかり洗い出して、また次の試合に向けてやっていければ」とリカルド監督。岐阜とのホーム開幕戦に向けての準備が始まる。

(残り 101文字/全文: 1168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック