【サッカーパック人気5位】 泉澤仁は遠藤渓太と左ウイングの座を争う。伊藤槙人は、畠中とチアゴの「J…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】待望のホーム開幕。


短かったような、長かったような。

白星発進で迎えるホーム開幕戦を期待した。しかし、残念ながら思い描いた通りの脚本通りにはならなかった。次なる脚本はホーム開幕戦での初白星からスタートダッシュ。

“内容は悪くないが、結果には至らなかった”。

このフレーズの先に待つ未来は、決して明るいものではない。今季は、新しい風を。

(残り 2055文字/全文: 2209文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック