【サッカーパック人気5位】 大谷秀和「2試合連続で結果が出ていないので、しっかり耐え切れるチームに…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs東京V】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「ゴールの後、相手にボールを持たれる時間が長くなり押し込まれてしまいました。そこは改善点だと思っています」

■2019明治安田生命J2リーグ第5節
3月24日(日)徳島 1-1 東京V(14:03KICK OFF/鳴門大塚/4,851人)
得点者:54’岸本武流(徳島)90’李栄直(東京V)
———–

○リカルド ロドリゲス監督
今日は全体的に試合をコントロールすることができていました。しかし前半は相手にとっての危険な場面を数多く作ることはできず、押し込んでいながら無得点となりました。後半は流れの中から得点できたことは良かったと思います。相手も選手交代でシステムを含めた戦い方を変えてきましたが、ピッチの中で上手く対応してくれていました。
クロスからチャンスを作るというのは、相手の特徴的な攻撃として認識していました。よってその部分を簡単にやらせないということ、またリードしている状況の中で、できるだけ我々がボールを持つことで相手に攻撃の時間を与えないようにしようと思っていました。しかし最後の最後、説明のし難い得点を決められ、このような結果となりました。

(残り 594文字/全文: 1018文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック