J2総括と2022シーズンを早速展望するLIVE(J論)

ヴォルティススタジアム

【山口vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「ハーフタイムでいくつかの変更点を選手たちに伝えて、それを選手たちがやってくれた」

■2019明治安田生命J2リーグ第7節
4月3日(水)山口 1-2 徳島(19:03KICK OFF/みらスタ/3,806人)
得点者:45+1’田中パウロ淳一(山口)54’清武功暉(徳島)70’小西雄大(徳島)
———–
○リカルドロドリゲス監督
「立ち上がりは非常に良かったと思います。チャンスにつながるシーンがあり、ゴール前まで行けていたので良かったと思いますが、時間が経つごとに相手に少し押し込まれ、サイドから簡単にクロスを上げられてピンチを作られるシーンがあり、失点してしまいました。ハーフタイムでいくつかの変更点を選手たちに伝えて、それを選手たちがやってくれたと思っています。後半は攻撃も非常に良かったですし、ディフェンスも堅く守れたかなと思います。後半はかなり完璧に近い試合だったと思っています」

Q:後半変更した点を具体的に教えてください。
「まずはサイドで相手にクロスを上げられないようにとしっかり守れるようにということで、中盤をフラットな4-4-2にしてサイドに2人選手を置く形にしました。あとは本当にFWタイプの選手を前線に入れて、枚数を替えました。そして両サイドが中に入りながら、後ろから選手がオーバラップしてくるような形にするようにしました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ