【サッカーパック人気4位】 負傷でU-22日本代表辞退の遠藤渓太、「できることなら行きたかった」と…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】押し込みたい徳島vs引き込みたい愛媛。


3連戦を2勝1分の勝点7。最高の勝点9とまでは至らなかったが、遠方移動も重なったアウェイ連戦でしっかりと結果を出した。また、第5節・東京V戦(1△1)では嫌な同点弾を許してはしまったが、あの試合から4戦負けなし。内容はまだまだ積み上げが必要だが、その状況でも粘り強く結果に結びつけることが重要であることに疑いはない。

この流れを『四国ダービー』でも維持したい。今季の愛媛はここ数年の中で完成度が最も高く、決して一筋縄ではいかなさそうだが「ダービーフラッグを取り戻すことはマスト。絶対勝ちたい、勝たなければいけない」(梶川裕嗣)。その言葉を結果で示すのが、ダービーで最も求められることだ。

(残り 1984文字/全文: 2276文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック