『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs愛媛】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「非常にクローズドなゲームだった」

■2019明治安田生命J2リーグ第9節
4月14日(日)徳島 1-1 愛媛(16:03KICK OFF/鳴門大塚/5,386人)
得点者:79’神谷優太(愛媛)90’押谷祐樹(徳島)
———–

○リカルド ロドリゲス監督
「非常にクローズドなゲームだったと思っています。互いに数多くのチャンスはありませんでした。愛媛は非常に守備が堅く、コンパクトにラインを保っているチームです。そのような相手に対して、なかなかチャンスを作ることができませんでした。そんな中でも幾つかのゴールチャンスがあったので、より多くのチャンスを作ったのは我々のチームだと思っています。
セットプレーから得点を許しましたが、その後は前線に人を増やして、CBのヨルディバイス選手を前線に残して、シンプルに長いボールを入れることで得点することができました。それからも攻勢を続け2点目が奪えそうな雰囲気もありましたが、結果としては引き分けとなりました。
お話した通り、今回は守備が堅くスペースを与えてくれない愛媛との対戦でしたので、非常に難しい展開となりました。しかし粘って勝点1を取れたということは、今後に向かって意義のある1になると思っています」

(残り 943文字/全文: 1446文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック