本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「どうやって緩急をつけて攻撃をしていくのかということを話した」野村直輝「アイデアとタイミングが合えばチャンスは作っていける」小西雄大「責任・自覚を持って試合で気持ちを見せていきたい」ーJ2第14節山形戦に向けた監督・選手コメントー

○野村直輝選手
Q:山形の印象について。
「木山さんのサッカーで、やりたいことをやれていてプラスα組織力があるように思います。戦うところや最後まで走り切るところ、そういったフィジカル的なところもここ何試合かを観て相手より上回っているシーンが多くあるので、そういう部分でも今の順位に繋がっているのかなと思います。自分たちとしては押し込んでいる時の崩しの形はしっかりトレーニングから確認してやってきたので、自分たちのアイデアとタイミングが合えばチャンスは作っていけるかなと思います」

Q:どんなプレーを見せていきたいか。
「個人的にも前にガンガンいくような姿勢を見せられたら、また後ろの選手にも刺激を与えられると思いますし、そういう存在になっていきたいと思っています。
細かいプレーのところで、いつも相手の中間地点に立つことを考えていて相手がマークを付きづらいような動きを意識しているのと、あとは簡単にボールを失わないことはまず大前提に考えています。それはどこのポジションでも同じで当たり前ではあるんですけど、自分の良さでもあるパスだったりコンビネーション、前への意識は前節の柏戦、あまりイメージが良くなかったのですが、観ている人が得点を期待できる場面というのを増やしていけたらなと思います。
山形も調子良いので対人とか粘り強さは組織としてもしっかりしているし、そこに負けないようにチームでやっていきたいです」

(残り 1274文字/全文: 1871文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック