『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs山形】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「勝点3を取ることはできませんでしたが、勝点以外にも得られるものがあった。それは最後まで信じて戦うことや全員が見せたスピリットです」

■2019明治安田生命J2リーグ第14節
5月19日(日)徳島 1-1 山形(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,207人)
得点者:9’内田裕斗(徳島)80’ジェフェルソン バイアーノ(山形)
———–

○リカルド ロドリゲス監督
「今日の試合は相手をコントロールできていたと思います。試合への入りも良かったですし、相手陣内でのプレー時間も長かったと思います。風下であったにもかかわらず、あれだけしっかりと攻撃の形を作りチャンスも多くありました。先制した前にも決定機はありましたし、先制した後にも2-0にできる機会はありました。退場者が出てシステムを変えなければいけない状況になりました。相手がFWを追加してきたので、我々もCBを入れてシステムを変えクロスボールへの対応を強化しました。それまでの時間帯は数的不利ながら、耐えてあわよくば追加点という場面もありました。残念ながらPKを取られて同点にされてしまいましたが、勝利に相応しいプレーをお見せできたと思います」

(残り 817文字/全文: 1250文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック