都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ヴォルティススタジアム

【長崎vs徳島】試合後の選手コメント:野村直輝「チャンスで決め切れるようにやらなくてはいけない。それは自分たちで解決しなくてはいけない課題」河田篤秀「確実に確実に決めようというプレーが多いので、ミスを恐れずに大胆にゴールに向かうところも必要」+石井、杉本、佐藤

■2019明治安田生命J2リーグ第15節
5月25日(土)長崎 1-0 徳島(14:03KICK OFF/トラスタ/6,113人)
得点者:16’呉屋大翔(長崎)
———–

○河田篤秀選手
「(試合を振り返って)チャンスは多かったしピンチも少なかったので、シンプルに決めるべきところを決めきれなかったことが敗因だと思います。
(ベンチから見ていて、入ったらどういったことをやろうと思っていましたか?)ゴールに向かうところですね。ボールを保持していたしゴール前にもいっていたので、自分が出れば積極的も自分のいいところなので、そこは出していこうと思っていました。
(ゴールを決めるために必要なことは)確実に確実に決めようというプレーが多いので、ミスを恐れずに大胆にゴールに向かうところも必要かなと思います」

(残り 1526文字/全文: 1874文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック