再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】天皇杯。出場機会を掴むメンバーに期待を。


6月は4勝1分の無敗。また、4連勝中とまだまだ勢いを加速させたい。リカルドロドリゲス監督は「改善すべき点はたくさんあるが、結果については素晴らしい」と振り返りながら、チーム状態について「ずっと言っていることだが、チーム内にエネルギーがあり、1つになってやれている。キャプテンであり、副キャプテンであり、彼らがすごくいいグループをオーガナイズしてくれている。1人で戦うというよりも、チームとしてまとまって戦っている方が絶対に強い。いま、それができている」と続けた。

組織力という点では、この天皇杯2回戦はここまで十分に出場機会を得られなかった選手たちも力を証明するいい機会となる。リカルド監督も多くの選手に出場機会を与えることを示唆した。

(残り 1582文字/全文: 1899文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック