監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】魅せた、総合力!

前節・町田戦(3○0)は前々節・柏戦(1●2)による田向泰輝の離脱影響もあり、特に右サイド起用方法の難しい一戦だった。だが、第4節・琉球戦(1●2)ぶりに先発出場した鈴木徳真がプロ初ゴールを決める活躍など、6月の好調を引き戻すように試合替わりのヒーローとして躍動した。

今節・山形戦、次のヒーローは?

(残り 2268文字/全文: 2417文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック