JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「我々としてはいつも通り、力を出していくことが必要」鈴木大誠「チーム全員が試合に対して矢印を向けて臨みたい」ウリンボエフ「天気のことを忘れるくらい嬉しい気持ちで帰ってもらえるように」ー天皇杯3回戦に向けた監督・選手コメントー


○鈴木大誠選手
「(Honda FCの印象について)大学の時からある程度知ってるチームです。大学時代選抜で一緒にプレーした選手や知り合いがいて、Jリーグに通用する選手もたくさんいます。そういう選手のレベルを考えた時、格下という風に見てはいけないと思います。
(天皇杯では日頃出場機会の少ない選手にとってチャンスでは)もしこの試合に出場する機会があったとしても、あまりチャンスという風に感じてはいないです。リーグ戦で出ているディフェンス陣が悪いプレーをしているわけではないですし、それぞれ個人で良いパフォーマンスはしているのでそれよりか、自分が出場した場合『何ができるのか』というところにフォーカスしてやりたいと思いますし、普段出場機会の少ないメンバーがグループとしてどれだけ戦えるかというところを一番大事にしたいので、チーム全員が試合に対して矢印を向けて臨みたいと思います」

(残り 1224文字/全文: 1608文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック