監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vsHondaFC】試合後の選手コメント:鈴木徳真「ボランチの僕が中央でコントロールできなかったことが勝敗に影響してしまったと責任を感じています」渡井理己「失点は個人のせいではなく、そこまでのプレーがチームとして軽かった」+井澤、秋山、福岡

■第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
8月14日(水)徳島 0-2 HondaFC(19:00KICK OFF/鳴門大塚/1,503人)
得点者:37’大町将梧(HondaFC)63’遠野大弥(HondaFC)
———–

〇鈴木徳真選手
今日の内容は結果の通りです。3点目を決められてもおかしくなかったと思います。
僕らがボールを握って相手を崩すことのできなかった攻撃面、また全体で統一感が無く取りどころを決められなかった守備面。ボランチの僕が中央でコントロールできなかったことが勝敗に影響してしまったと責任を感じています。試合に出る機会はまだ少ないですが、戦術理解度は高めていかなければいけないので、トレーニングの中から積み重ねていきたいと思っています。

(残り 1167文字/全文: 1498文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック