【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「まだまだ最後の最後まで何が起こるかわからない。いつでもチームとして戦える準備をしていきたい」渡井理己「明日は何としても勝点の取りこぼしがないようにプレーしなければいけない」ーJ2第33節・千葉戦に向けた監督・選手コメントー


○渡井理己選手
「(前回千葉との対戦ではゴールを決めました)前回対戦ではミスが多くて、自分のところで奪われピンチになることもありました。やっぱり千葉はボールを持てるチームなので簡単なミスをしてしまうとリズムを作れなくなるのでミスをしないことを前提に、高い位置ではどんどんチャレンジをして奪われたあとはすぐに取り返し、攻撃に繋げられるようにやっていきたいと思います。
(昨年のこの時期と比べてチームの雰囲気はいかがですか)今年もみんな気を引き締めてトレーニングに取り組めています。やっぱり勝点差がどんどんシビアになってくる時期ですし、前回のホーム千葉戦も勝てた試合だったので、明日は何としても勝点の取りこぼしがないようにプレーしなければいけないと思っています。
アウェイですがアツい応援よろしくお願いします」

(残り 976文字/全文: 1326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック