【サッカー人気1位】ゼロトップはOK、しかし・・・ シーズ…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】伸るか、反るか。

前節・栃木戦(1△1)は完全なる負けゲームだった。ボール保持率は優に7割を超えていたが、保持したのではなく持たされた。予期していた展開ではあったが、栃木の徹底した戦いを上回るまでは至らなかった。しかしながら、あの展開で勝点1を持ち帰ったことは次につながる。いや、つなげなければならない。今節・岡山戦に勝利すれば、その勝点1は大きな意味を持つ数字に変化する。

(残り 2201文字/全文: 2379文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ