【サッカー人気1位】杉本健勇はフォーメーション練習では3ト…

ヴォルティススタジアム

育成マッチデーvsファジアーノ岡山(写真14枚)

逆転勝利した岡山とのリーグ戦から一夜明け、昨日は育成マッチデーとして岡山との連戦に臨みました。政田サッカー場(岡山県)にておこなわれた本試合はリーグ戦の控え組・メンバー外組中心で戦い接戦の末、終了間際に鈴木大誠選手が決勝ゴール。苦しみながらも勝利ををもぎ取りました!

13:00キックオフ (45分×2)
徳島ヴォルティス 1(0-0、1-0)0 ファジアーノ岡山
【得点】
後半43分 鈴木 大誠
試合結果の詳細

試合開始直後から両チームともリーグ戦と変わらない熱量で気迫溢れるプレーが連続します。

古巣、岡山との対戦となった押谷選手。厳しいマークにあうも技術の高さを発揮。

試合を通して対人の強さ、適格なビルドアップで安定したプレーを披露した鈴木大誠選手。終了間際に久米選手のクロスを頭で合わせました。

 

ビッグセーブ連発でチームの勝利に貢献したGK松澤選手。

最もゴール前でチャンスに絡んだのは清武選手。さすがのクオリティを見せます。

島屋選手も攻撃のリズムをつくり、相手の脅威となりました。

 

中盤のファイターたちも球際で強さを発揮。ボール奪取で攻撃に繋げました。

後半サイドをぶっちぎった岸本選手、福岡選手。

キャプテンマークを巻き、堂々たるプレーでチームを引っ張った狩野選手。得意のセットプレーでチャンスを演出しました。

 

鈴木徳真選手は厳しいプレッシャーを受けながらも高いレベルで中盤をコントロール。

 

今日活躍した選手たちをリーグ戦でどう起用していくのか。終盤戦の采配にも注目が集まります。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ