『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「自分たちのやってきたことを見せるチャンス」岩尾憲「いつもやっていることを信じてやっていきたい」河田篤秀「徳島らしく戦って、全部勝てるよう最後までやりたい」ーJ2第37節・大宮戦に向けた監督・選手コメントー


○岩尾憲選手
「(大宮戦について)今自分たちが9試合負けなしとかは関係なくて、いわゆる『6ポイントゲーム』なので難しい展開になることは間違いないと思いますが、今は自分たちを信じ続けることができれば結果も含めて良い方向に進むと確信しているので、ぶれずにいつもやっていることを信じてやっていきたいと思います。
戦術的なところだけで勝敗が決まるとは思ってないですし、時期も時期なので順位的なことも含めて、準備の段階で勝ちを引き寄せられるような振る舞いだったりが重要になってくるので、そういったところにフォーカスしてやっていきたいと思います。
(明日は熊谷での開催になります)雰囲気に関しては僕もそこでやったことがないので分かりませんが、105m×68mの中で起こることにしっかり集中して臨みたいと思ます」

(残り 1074文字/全文: 1420文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック