【サッカー人気2位】鹿島に惨敗でACL出場権も完全消滅 山…

ヴォルティススタジアム

【愛媛vs徳島】試合後の選手コメント:垣田裕暉「全員の気持ちがまだまだ弱かった部分がある」岩尾憲「自分たちの立ち位置や振る舞いを見直せざるを得ないゲームだった」+安部、石井、杉森

■明治安田生命J2リーグ 第2節
6月27日(土)愛媛 4-3 徳島(18:03KICK OFF/ニンスタ/リモートマッチ)
得点者:10’岩尾憲(徳島)16’垣田裕暉(徳島)45+3’オウンゴール(徳島)52’横谷繁(愛媛)78’有田光希(愛媛)83’西岡大輝(愛媛)90+6’西岡大志(愛媛)
————-

○垣田裕暉選手
「(試合を振り返って)まずは試合に負けたことが事実としてあって、自分が点を取れなくても勝てればいいと思っているので。今は自分が点を取ったことよりも、試合に負けたことが悔しさとかそれを次に生かしていくのかが大事で、こういう負け方をしたので、チーム全体として考え直していかないといけないなと思います。
(後半の戦い方について)全員の気持ちがまだまだ弱かった部分があるのかなと思います。強いチームは勝者のメンタリティを持っていると思うので、そういった部分でメンタリィがまだ低かったんじゃないかと思います。3点取ったことで余裕が生まれてしまい、また久々の試合や暑さがあり疲労もあったのかもしれません。そういった状況がある中で体を動かすのは気持ちの部分だと思いますし、自分も含めたチーム全体としてでできなかったことが、今日負けた原因だと思います」

(残り 1781文字/全文: 2310文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック