観衆508人の衝撃(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs京都】試合後の選手コメント:長谷川徹「彼の分もしっかりと責任を持ったプレーで勝利を掴みたいと思っていました」+内田航平、安部崇士

■明治安田生命J2リーグ 第3節
7月4日(土)徳島 1-1 京都(19:03KICK OFF/鳴門大塚/リモートマッチ)
得点者:65’野田隆之介(京都)78’河田篤秀(徳島)
————-

○長谷川徹選手
「今日は絶対に連敗しないという気持ちで臨みました。また個人的には、前節で上福元選手が体を張ったプレーをしてくれて、今節に向けても100%の準備をしているのを見ていましたが、結果として自分が出場することになり、彼の分もしっかりと責任を持ったプレーで勝利を掴みたいと思っていました。希望通りにはなりませんでしたが、追い付いてくれた仲間には感謝していますし、次の試合にしっかりとした準備で臨みたいです」

(残り 766文字/全文: 1067文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック