【サッカー人気4位】あらためて考える「新宿にJクラブを」と…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】挑戦意欲と見えた現在地

前々節・愛媛戦(3●4)の内容を受け、京都戦(1△1)は「怖がって前からプレスに行かなくなってしまうと愛媛戦の二の舞になってしまうことがわかっている中でいいチャレンジ自体はできた」(岩尾憲)。だが、試合内容に関しては「チャレンジした中で起きたエラーなので僕はネガティブに感じていない。ただ、ネガティブに捉えてはいないが、やられたという事実はあり、そこに関しては向き合わなければいけない」(岩尾)と主導権を握られたことは否めない。

挑戦したこと。一方、主導権を握られたこと。同じ90分間で起きた現象だが、その2つをごちゃ混ぜにすることなく整理して琉球戦を迎えられるかどうかが最初のポイントだろう。

(残り 2936文字/全文: 3232文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック