【サッカー人気5位】オルンガ、西川潤の移籍のウワサが示唆……

ヴォルティススタジアム

【琉球vs徳島】試合後の選手コメント:渡井理己「チームを助ける得点になって良かった」西谷和希「勝者のメンタリティをもっともっと出せるようにしていきたい」+河田、清武、垣田

■明治安田生命J2リーグ 第4節
7月11日(土)琉球 1-3 徳島(18:33KICK OFF/タピスタ/1,355人)
得点者:22’杉森考起(徳島)50’阿部拓馬(琉球)76’渡井理己(徳島)81’渡井理己(徳島)
————-
○渡井理己選手
「難しい気候や試合展開でしたけど、得点やアシストで違いを見せたかったので、今回は得点という形で見せることができて、本当にチームを助ける得点になって良かったです。
(Q:1点目のシーンについて)
右サイドでいい形で突破できた中で、セオリー的には引きつけて中に入れることがありましたがDFにだいぶ消されていました。GKの意表を突きたかったので、とにかく下の方へと思って狙って打ちました。

(Q:DAZNのインタビューでサッカー関係者以外の感謝の気持ちをおっしゃっていましたが、改めてその思いを教えてください)
今こうやってサッカーをしたり見たりできるのも、サッカー関係者だけが協力して実現したわけではなく、本当に多くの方に協力してくださってサッカーができていると思っています。僕たちはピッチで表現しなくてはいけないですし、勝つこともそうですが、一生懸命プレーして、サッカーという競技で徳島県や全国を活気ある姿に戻せるように、みんなで頑張っていきたいと思います。

(残り 2444文字/全文: 2992文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック